おすすめの業界

おすすめの業界はこの業界!

うつ病の人に、管理人がおすすめする業界は

IT業界

です。

それにはいくつかの理由があります。

まず、他の業界と大きく違うところを
お伝えします。

ちょっと長いですが、IT業界を経験したことがない人
にとっては役に立つものもあると思います。


@素人とプロの差がとても小さいので独学に向いている


1つ質問があります。

今、あなたはどうやってこのサイトを見つけましたか?

そうですね、YahooやGoogleなどの検索エンジンです。

この2つの会社は、学生が作ったということをご存知でしたでしょうか。

Yahooは、1994年にジェリーヤン・デビットファイロという2人の大学生によって作られ、
Googleは、1998年にラリーペイジ・セルゲイブリンという2人の大学生によって作られました。

これが自分と何が関係あるの?

つまり、IT業界というのは

もともと素人である学生が

独学で勉強して製品を作ったのがはじまりの業界ということです。

他にも、パソコンのWindowsはビルゲイツとポールアレン
が独学でプログラミングを勉強して作ったのがはじまりです。

これらに共通しているのは、

「プロに教わったわけではない」

ということです。

そして、今でもそれは受け継がれています。

IT業界は、他の業界に比べて

素人とプロの差がとても小さい

といわれています。

その理由は、

「ITの技術は、インターネットで人に聞いたり調べたりする事で学んでいけるから」

です。

他の業界を見てみましょう。

例えば飲食業で働く場合、家でインターネットで調べているだけでは
仕事の能力は上がりませんよね。

実際に現場に出て、分からない事を現場の人に聞いたり
お客さんの対応しなくては仕事の能力をアップできません。

事務のお仕事だって、
会社ごとにやる事も違うので、
実際に会社に入らないと能力を伸ばす事はできません。

IT業界は、ブログなどで技術をプロの人が公開しているので
それから学ぶ事もできるし、
書店に行けばたくさん本も並んでいます。

実践しようと思えば、パソコンを立ち上げて
やりながら覚えていけます。

パソコンがなければ、県立・市立図書館に行けば
無料で使えます。

独学で仕事のスキルを伸ばす事ができるのがIT業界

だということを少しだけお分かりいただけたかと思います。

A何をやるにしてもお金をかけずに済む


うつ病には夢を持つ事が大切です。
今は、そんな気にならないのは仕方がないのですが、

「これから先もずっとこのまま辛い人生しかないんだ・・・」

と考えるのは絶対にやめましょう。

何がきっかけで人生が変わるか分かりません。

生きていさえすれば、必ず何かが起こります。

生きているだけでいいんです。


では、本題の、IT業界とお金をかけなくていいという話。

例えば、将来お店を出したい!

という希望みたいなものが自分の中で見つかったとします。

ただ、お店を始めようと思った場合
何百万円ものお金を用意する必要があります。

店舗を借りたり、商品を並べられるぐらい仕入れをしたりしなくてはならないからですね。


IT業界では、

自分でネットショップをやったり(ブログでショップを作れば無料でできる)、

本をほんの少しだけ仕入れて(3000円分など)、Yahooオークションで売ってみる

というふうに、

将来何かお店のような
新しいことをしたい
という夢を叶えるための第一歩としても勉強した事が役立つということです。

お金をほとんどかけずにできることが多いし勉強した事も役に立つ

というわけですね。


B会社勤めだけでなく、自宅で働くという選択肢がある


現実的に一番大きいのはこれでしょう。

会社勤めが辛い、上司に怒られるのが耐えられない、
お給料が少なくて生活できない・・・。

多くの人は、

「会社に勤めることしか選択肢がない」



思っているかもしれませんがそれは違います。


実際に、フリーランスとして働く人もたくさんいます。

「会社に行かずに、個人で仕事をするという
働き方」
です。

自営業という言葉はご存知の方も多いと思いますが、
今までの自営業とITのフリーランスとでは何が違うのか?


今まで



仕事は、人づてや広告などを使ってもらってこないといけなかった


IT業界のフリーランス



お仕事を請け負えるサイトがあるので、そこに登録して
できそうな仕事をもらってみる


このように、インターネットが発達した事で
仕事の頼み方や請け負い方の構造そのものが変わりました。


簡単にまとめると、

自宅にいながらでも仕事ができる時代になった

ということです。

続きは、次回書きますね〜。