うつ病が原因で仕事を辞める

うつ病が原因で仕事を辞める際には

うつ病が原因となって休職しなくてはいけなくなった時は、辞めることも考慮しましょう。
会社ではうつ病から回復する際の期限を設けていますから、これを超えてしまうと仕事を辞めることになるのです。
期限は各会社によって異なっているので、休息する際には事前にこうした点を確認して下さい。
うつ病を回復させる為に要する期間はどの程度まで症状が進行しているのかで決まりますが、基本的には3ヶ月が平均です。
状態によっては半年から1年程度となりますが、これ以上の間休職するとなると辞めることを考えた方が良いです。

仕事を辞める際には復職出来るよう職業斡旋所に通う準備を整えます。
専門の職業斡旋所では仕事に就けるよう専門の窓口が用意されていますから、こちらから連絡を入れることでスタッフと相談を始められるのです。
こうした所では障害者雇用枠の求人に応募出来るので、通常よりも有利な待遇で仕事を始められます。
トライアル雇用・定着支援・勤務時間の短縮といった様々な面での支援を受けられるようになっており、病状に関する理解もしてもらえるので万が一また休職するとしても気軽に連絡を入れられます。
うつ病が原因で仕事を辞めることは珍しいことではなくなりつつある為、今後も多くの方々が復職する為に斡旋場に通うと考えられているのです。