うつ病後の仕事の探し方

うつ病の原因となる仕事について




仕事でうつ病になってしまう原因としては頭を使いすぎることにあります。
人員の割り当て・スケジュール管理・仕事のノルマといった点を毎日考えながら活動し続けると脳に与える負担が大きくなりすぎてしまい、情報が処理しきれずパンクしてしまうのです。
こうした原因によるうつ病問題を解決する為に各会社では一人に与える仕事の量を減らして妥当なものに変えるようにしていますが、全ての企業はまだこのような支援を行えるようになっていないので注意しなくてはいけません。

仕事が原因でうつ病になってしまった時は医師からメランコリー型と診断されることが多いです。
メランコリー型とは脳のエネルギーが枯渇していることでうつ病を発症してしまっている状態のことであり、特徴をまとめると気力が湧かない・気分が晴れない・食欲不振・体重減少といったものとなっています。
また人によっては強い罪悪感を感じるといった症状が出てくる時もあり、こうした状態が長く続く際には病院で診断を受ける必要があるのです。
病院では抗うつ剤といった治療に必要な薬を処方してくれますし、休職する為に必要な書類も制作してもらえる為、それを会社に送ることで一定期間の間休めるのです。