仕事復帰について

うつ病から回復した後の仕事復帰について

うつ病から回復した後で仕事復帰したい時はまずリハビリ制度を活用し、無理なく働き続けられるよう意識しなくてはいけません。
リハビリ出勤とも呼ばれるこの制度は休息を終えた社員を対象として行われている支援のことであり、段階的に復帰させることで復職による負担を抑えるといった内容です。
体が元の状態に戻っていないのにも関わらずいきなり休職する前の環境下で働かせると心身に負担がかかるので、またうつ病になってしまう可能性が高くなります。

仕事復帰を目的としたリハビリ出勤の内容は会社にたどり着いた際にはそのまま自宅に帰るといった出勤の練習を行い、徐々に慣れてきた際には簡単な事務作業を行うことになるのが基本です。
数週間後には4時間程度の勤務を行い、約2ヶ月後には通常の仕事内容となります。
ここまでに要する期間は僅か3ヶ月となっていますから出来るだけ早く元の状態に戻りたいと考えている方々には好都合です。
うつ病から回復したての状態での仕事復帰は簡単なイメージがありますが、実際には環境になれなければ再度元に戻ってしまう危険な時なのです。
不安な時は定期的に病院の医師の診断も受けるようにし、今の状態を確認してもらいましょう。